女性用媚薬が効かなかったら女性用バイアグラを飲めば効果は出る?

媚薬が効かないなら女性用バイアグラ?

媚薬が効かないなら女性用バイアグラ?

男性だけではなく、女性の中でも性の悩みを持っている方は多いです。

あまり人に相談出来ないこともあり一人で抱えてしまうこともありますが、不感症や性交痛、また性的興奮が無いといったことを解決する手段として女性用媚薬を使うと言った方法もあります。

しかし、女性用媚薬というのは性欲を高めると言ったメリットはありますが、中にはそれでは効果が無かったという方もいます。

女性は更年期障害やホルモンバランスのくずれ、またストレスによって挿入しても濡れづらくなってしまうということが有ります。

スムーズに挿入できなかったり膣内に入っても痛みが生じてしまったりということもありますし、それが結果として不感症であったり性交痛、そして性的興奮障がいにつながってしまいます。

解決する手段として、女性用媚薬ではなくもう一つのものとして女性用バイアグラというものもあります。男性用バイアグラと異なり、勃起させるということではなく膣内の血流をよくしてうるおいが与えられると言った効果があります。

潤ってくることで感度が増したり痛みが無くなったりといったことにつながります。膣の分泌液というのは性交においてとても重要な役割が有りますし、女性用媚薬では効かないこともしばしばあります。

そもそも使用の目的が異なりますので、性欲が高まってもそれが膣分泌液を増やすといった効果が無いこともあります。目的に応じて使い分けをしていく事も大事な事です。

男性の場合と同様で、この女性用バイアグラの効果は、性的に感じやすくなるように補助をしてくれるという目的で使う薬です。男性用の場合は勃起を補助する目的で使うことになりますが、それと意味合いは同じと捉えておくと良いでしょう。

そのため服用しただけで感じてしまうなんてことはありませんし、あくまでも性的な刺激が無ければ効きません。その点を留意して使うようにしましょう。

女性バイアグラと聞くと、なんとなく媚薬的なイメージでとらえる方もいるかもしれません。しかし医薬品という扱いになっていますので媚薬とは成分的なところでも違いがあります。

日本では病院でも処方されていませんし、通販(個人輸入)によって購入するというのが通常の購入方法です。

また使用にあたっては、男性用のものと同じような副作用が稀ではありますが出る事が有ります。

頭痛やほてり、めまい、鼻づまり、動悸などの症状が主に報告されていますが、薬の効果が切れれば副作用もなくなっていきますのであまり心配することはないでしょう。