女性用のバイアグラと女性用の媚薬は効果に違いがあるの?

女性用媚薬と女性用バイアグラの違い

女性用媚薬と女性用バイアグラの違い

女性用バイアグラは、性行為の前に服用する事で効果を期待する薬の事です。

服用してから効果が出るまでの時間は個人差がありますが、大体30分から1時間程度でその効果を実感する事が出来ます。

元々は男性のED治療薬として開発された物を女性用に改良して販売されている物で、通販で入手する事が出来るようになっています。

女性用媚薬は古くから興奮剤や精力剤等と同じ様に使用されている物です。

基本的には性欲を高める作用を期待して服用する物となっており、気持ちが高揚するなどの変化を感じる人も居ます。

しかし、その成分によっては薬事法の問題もあり、その成分の使用量が限られている物も多い為、飲んだからといってすぐに効果が出る訳ではなく、基本的には安全性に配慮された物が流通しています。

ただ個人輸入等をする場合は日本では認められていない成分が配合されている可能性もあるので、安全性に配慮して入手します。

経口摂取の物と、女性器に直接塗るタイプ等が有るので、使い分ける事もできます。

どちらも性行為の為に利用する物となっていますが、^女性用媚薬と女性用バイアグラでは少々使用する目的でも違いがあります。

女性用媚薬は性的な興奮を得たり、気持ちを高揚させる事、さらには感度を高める事等を目的として利用します。

ただその中に含まれている成分によっては薬物依存などの心配がある物も存在しているので、注意して利用するようにします。

女性用バイアグラは不感症や性交痛などを改善したり治療する目的で利用する薬の事です。

つまり、性的な興奮を得る為に利用するのが女性用媚薬で、性器の感度などを治療したり改善する目的として利用するのが女性用バイアグラです。

したがって、バイアグラは医薬品なので、媚薬を利用した時の様な興奮を覚えるという事は男性用女性用に関係なく期待できません。

ぬるま湯や水で服用する物になっていますが、男性用のED治療薬と同じ成分も配合されている場合も有るので、副作用に注意して利用します。

また女性用バイアグラには色々な種類があり、それぞれ期待できる効果も違っています。

主成分となっているものも違っているため、海外医薬品の個人輸入で入手する場合はどの目的で薬を利用するか、という事によっても選ぶべき薬を変えます。

また使用する目的やその主成分等に違いはありますが、どちらを利用する場合も飲みすぎると思わぬ変化が出る可能性も否定できません。

安全に使用する為にも用量用量を守って正しく服用します。